FC2ブログ

ブルークレール無添加化粧品 その2

メグナム

きのうに引き続きブルークレールEGF化粧品
blue.jpg

最近はそれほどケミカルとかオーガニックとか
こだわっていないのですが、あまりの肌状態の良さに
ああやっぱり私には無添加がいいのかな…って思うほどでした。

今日は各アイテムの使い心地を。

まずクレンジング&マッサージオイル

【全成分】オリーブ油、スクワラン、ホホバ油、ローズヒップ油、アボカド油、ヒマワリ種子油、コメヌカ油、ブドウ種子油、ローズ油(オーガニック)、トコフェロール


お肌によいキャリアオイルのオンパレードです。
約束通り界面活性剤なし!

なので、通常のクレンジングオイルのように、
馴染ませて→すすいで では油が落ちません。
「オイルクレンジングは乾燥する」と一時期言われたのは
すすいだだけで油が落ちるくらい油を水に溶かす界面活性剤を
大量に配合しているから。こちらは活性剤不使用なので
当然乾燥する心配はありません。でもメイク落ちは抜群。
ウォータープルーフのマスカラでもボロボロ溶けます。

馴染ませたあと現品に付属するスポンジや濡らしたタオルなどで
軽く拭き取って、その後石けん洗顔、という流れ。

…ちょっとめんどくさいですよね。
これまでも太白ごま油やオリーブ油でメイクオフしていた
私としては、いつものやり方でやらせていただきました。

馴染ませる→油を吸わせる程度に軽く石けん洗顔

この時、隅々までしっかり洗う必要はなく、
流した時点でまだ油っぽさが残っていてOK。

その後普通に入浴→シャンプーなどしているうちに
油は自然に落ちます。最後に石けんでももう一度しっかり洗顔。

で全く問題ないです。

次はティートリーモイストソープなんですが
これもいいね~~~(*´д`*)手作り石けん!って感じ。
なんと全成分の78%を馬油が占めているという超濃厚な
レアチーズケーキみたいな石けん。

【全成分】石けん素地(馬油)・プラセンタエキス・セラミド1・セラミド2・セラミド3・セラミド6II・ダイズエキス・ゲットウ葉エキス・コラーゲン・黒糖・ティートリー油(オーガニック)


泡はモコモコというよりは水分をたっぷり含んだような
しっとりフワフワの泡で、洗い上がりも超しっとり。
最近はフォームを使うことも多かったのですが
やっぱりこういう釜炊き製法の石けんもいい!

続いてはローズエステリッチローション
ほんの少しだけとろみがあるかな?
浸透が良く内側からふっくらする感じ。

次はリペアモイストWエッセンス
ゲル状で、伸びが良く最初は肌の上で遊ぶんですが
ハンドプレスで押し込むとハリが出てきます。

次、ローズリバイタルエッセンスクリーム。
こちらも合成界面活性剤不使用で乳化。
もちろんポリマーも入っていません。
乳液のような柔らかいクリームでみずみずしく仕上げます。

そしてシメというか、スペシャルケア用の
ローズヒップトリートメントオイル。これは惚れた。

【全成分】ローズヒップ油*、ホホバ油*、スクワラン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(持続型ビタミンC誘導体/VCIP)、月見草油*、アボガド油*、パルミチン酸レチノール(ビタミンA)、トコフェロール(ビタミンE)、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6II、ダマスクバラ花油(ローズ・オットー油)*、オレンジ花油(ネロリ油)*、サンダルウッド油*
*印:オーガニック認証取得成分使用


アンチエイジングに良いとされるローズヒップオイルが
全成分の50%を占める美容オイル。
ローズヒップオイルは酸化しやすいので1回分が
カプセルに入っていて、いつも新鮮な状態で使えます。

ネロリが大好きなのでまず香りにノックアウトされました。
あ、でもフローラルというよりグリーン系の香り。
で、このオイルはクリームのあとに使うタイプなのですが
軽くマッサージする感覚で塗り込んでいくと
肌の質感が一気にビロードみたいな手触りになるんです(*´д`*)

翌朝もくすみが抜けてて肌の表面までピンと伸びてる感じ。
これを最後に使うと使わないでは全然違います!

ちなみに朝用のUVラグジュアリーデイクリームはSPF23 PA++
無添加にありがちな白浮きはなく、保湿感はかなり頼もしい!
薄~くオレンジっぽい色がついていて下地効果もあるので
この上にファンデでOKですが、補正力はあまりないかな…
私は補正した時を重ねましたが、UV防止と保湿効果だけでも
かなり優秀です。

いや~すごく気に入っちゃいました。
特にトリートメントオイルは激推しです。
何やっても朝になると乾いてる…って方は
是非クリームの上から使ってみて欲しい~
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆
関連記事
スポンサーサイト
Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply