FC2ブログ

野山からのおふくわけ

メグナム

野山からのおふくわけ(しろつめくさの薫り)をいただきました。
sirotume.jpg
日本香堂ファンサイトファンサイト参加中

中身はお香と香皿のセットになっています。
sitrotume2.jpg

お香を焚くのは久しぶりですが
夏の夕方なんかにお香を焚いていると
ノスタルジックな気持ちになるのは何故でしょうか。

やっぱり幼少時代の夏を思い出すのかな。
今ほどクーラーなんて普及してないし、夜は網戸で蚊取り線香
っていうのが当たり前だった気がします。昭和の夏。
煙なのに、涼やかな気分になるのも不思議。

実はジメジメむしむしする季節こそ、涼を呼ぶ暮らしの演出として
最需要期を迎えるんだとか。
湿度が高いときこそ香り立ちもよく、
お部屋の空気を替えるのにも一役買ってくれます。
節電意識が高まっている今、涼感ギフトとしても喜ばれそう。

「おふくわけ」をは「福を分ける」の意味で、日本香堂が
“自然に親しむ和の暮らし”をテーマに、大切な人との“絆”に目覚めた
時代の心にも響き合うブランドとして新たに開発したんだとか。

やまざくら、のいちご、くろすぐり、こすもす、わびすけ
そしてこのしろつめくさと、四季折々の恵みをモチーフとした
6種類の香りがあります。

野山からのおふくわけ

お香というと香木系のものが多いですが
それに比べると斬新でありながら、初心者にも親しみやすい
モチーフのセレクトが粋だなぁって。

パッケージの花柄がまた素敵なんです。
コンパクトだから大勢に配るのもいいし、
外国人に喜ばれそうだからお土産にも最適。軽いし。

「しろつめくさの薫り」ってのがまた郷愁を誘いますねー。
我が家の前は今はバス通りになっていますが
かつては道路を挟んで向こうはしろつめくさで埋め尽くされた野原!
花輪を作ったりコオロギを捕まえたり(今は無理)、懐かしい香りです。
すがすがしさのあるグリーン系の香り。

香り立ちも控えめにはんなりと漂います。
海外のものってかなり強烈に香るので、間取りも狭く
気密性の高い日本の住宅には合わないんですよね。
これくらいがちょうどいい。

玄関やお手洗いで焚いておくとしばらくいい匂いがするので
来客時にも良いかと。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply