FC2ブログ

植物エキスでリフトアップ PHYTOLIFT

メグナム

最近美白に力を入れている私ですが
ハリ対策も忘れてはいません。

30代、ハリの低下をなんとかしたい。⇒待望の新成分コスメ『フィトリフト』誕生。
phyto.jpg
トライアルセットを使ってみましたよ。

「植物コスメは肌に優しいけど攻めのパワーに欠ける」
確かに私もそんな風に思ったことがありましたが
実際には劇薬みたいな攻めの植物コスメもあったし
植物コスメなら肌に優しいかというと必ずしもそうではなく
植物エキスだからこそアレルギーを引き起こす場合もある。

植物が生き抜くために自ら作り上げてきたシステムは
良くも悪くもそれくらいのパワーを秘めています。
そのしたたかな植物の力を最大限に利用して
肌の細胞・成長因子に働きかけ、
自力でお肌の内側からハリや潤いを生み出す
攻めのコスメです。

主力の成分はこの3つ。

■フィト発酵エキス
 植物に共生するパントエア菌白たかきびの発酵で
 生み出される植物性のエキス。
 細胞活性化作用はプラセンタ以上と言われている。

■バラ子房エキス

 子房は受精後、発育して果実や種子となる
 動物にとっての子宮に相当する重要な部分。
 その子房から抽出した成分がお肌に潤いを与え、
 ふっくら柔軟に。

■ダイズエキス

 大豆イソフラボンの一種ゲニステインを高含有。
 他のイソフラボンと比べてもパワーが強く、
 女性ホルモンに働きかける。
 お肌をふっくらモチモチに。


トライアルは拭き取り化粧水、化粧水、美容液、クリーム。

拭き取り化粧水は上の3つに加えヨクイニンエキス
古い角質をほぐし、クロヤナギ樹皮エキスで除去。
拭き取りとはいえしっとり感もあり。

ローションはごくわずかにとろみのあるタイプかな?
でも重たくなくてスーッと浸透してお肌ふっくら。
水分保持成分ソルビトール(トウモロコシ由来)をはじめ、
リピジュア、ヒアルロン酸、水性保湿油の
4つのうるおい成分を配合。

美容液ふっくらポリマーの引き合う力が肌を引き締め
ハリや弾力をアップ…なんだけど、
ちょっと使用感がシリコン塗ってる!って感じなのがね。
でも外から吊り上げてるだけでなく
皮膚細胞の分裂を活発化させるレチノイン酸配合
ってところに期待したい。

クリームはハリ強化に大きな力を発揮する
ハイビスカスエキス配合。
水分と油分がバランス良く配合されていて
浸透感とフタ感が程よいです。

そういうわけで、植物エキスがフル活用されてはいますが
オーガニックコスメっぽい使用感ではないかな。
その分、誰でも使いやすいと思いますし
1週間で十分ふっくら感を実感できますよ。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆ 
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply