FC2ブログ

トゥヴェール ブライトニングセラム

メグナム

こないだちょっとハイドロキノンについて書きましたが
ハイドロキノンにはできてしまったシミを分解
=漂白作用はあるけど抗酸化作用はなく、
皮膚を無防備な状態にするため
ダメージを受けやすくなるというデメリットがあります。

なので徹底的な紫外線大作、
さらに紫外線のダメージを防ぐ抗酸化成分との併用が
シミ撲滅には最も効果的な訳ですが
1本で分解も活性酸素の除去もやってくれる美容液
ビタミンC誘導体のトゥヴェール
ブライトニングセラム

tuverbs.jpg
トゥヴェール化粧品ファンサイト参加中

ハイドロキノンには及ばないものの、
シミ分解能力のあるビタミンC誘導体と
メラニン合成酵素の阻害率では
ハイドロキノンの2100倍、コウジ酸の2400倍
言われるポリフェノール、W377を配合。

ちょっと紛らわしいのが、上の倍率っていうのは
シミを分解する力ではなく、予防する力ってことです。
なのであくまで分解はビタミンC誘導体、
予防をW377がしてくれるということ。

トゥヴェールさんではこのW377の浸透率を高めるために
大豆レシチンでナノカプセル化。

さらにレスベラトロールを始め潤いやキメを整える
植物エキスもたっぷり配合。

【全成分】水、BG(保湿剤)、アスコルビルエチル(ビタミンC誘導体、透明感アップ)、グリセリン(保湿剤)、プロパンジオール(保湿剤)、水添レシチン(乳化剤)、フェニルエチルレゾルシノール(ポリフェノール、透明感アップ)、サクシノグリカン(保湿剤)、ヒアルロン酸Na(保湿剤)、シロキクラゲ多糖体(乳化剤)、マルチトール(保湿剤)、ヒナギク花エキス(肌の保護)、オウゴンエキス(保湿)、アロエベラ葉エキス(肌の保護)、カッコンエキス(肌の保護)、クロレラエキス(保湿)、セイヨウオオバコ種子エキス(保湿)、ブドウつるエキス(肌の育成)、シリカ(保湿)、1,2-ヘキサンジオール(保湿剤)、フェノキシエタノール(防腐剤)、EDTA-2Na(金属イオン封鎖剤)、カラメル(多糖類、保湿剤)、クエン酸(pH調整剤)、クエン酸 Na(pH調整剤)


w377.jpg

サラッとしてますがちょっと茶色っぽくてコクのある美容液。
一瞬、肌表面にペタっとした感じが残るけど浸透します。

まあ何よりすごいのがこれでお値段3千円弱ってとこだよね。



庶民の味方!
同じ価格帯の商品だったら、私は大手化粧品会社の
美白美容液より、間違いなくこちらを選びます。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆ 
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply