FC2ブログ

丹波産黒豆を使ったエイジングケア化粧水 

メグナム

最近、国産…というか、地元の素材にこだわった
ご当地コスメがアツイ気がします。

コスメって元々は舶来品だから、なんとなく欧米の方が
進んでるって印象が、かつてはありましたよね。
選択肢は広がりましたが、デパートの化粧品売り場は今でも
フランスのコスメ(シャネル、ディオール、クラランス等)
が王道!という印象ですよね

なんですけど、最近はオーストラリアやタイの
オーガニックコスメ、韓流コスメなど
それぞれの国の素材や伝統を活かしたコスメ
支持を集めてきてますよね。

日本の大手ドメブラのコスメはというと、
とても優秀で機能的だけど、国のカラーという意味では
いまいちインパクトがない気がしていました。

が、ここ1〜2年、地方のメーカーさんが
地元の良質な素材を活かしたオリジナリティ溢れるコスメ
頑張って開発されていて、とても気になっています。

たとえば新潟のお酒を使ったコスメ沖縄の海泥や
月桃などを使った琉球コスメ
などなど色々ありますが
今回ご紹介するのは、
丹波産の黒豆を使った化粧水。

乾燥肌の化粧水なら丹波堂 Kurouru(くろうる)
kurouru.jpg
Kurouru(くろうる)ファン ファンサイト参加中

黒豆が体に良いのは知っていますが、
どんな風にお肌に働きかけるのでしょうか。
黒豆に含まれるアントシアン、黒大豆ペプチド保湿
黒大豆ポリフェノール抗酸化作用でお肌を守り、
イソフラボンハリ・ツヤを与えてくれます。

それ以外にもゲットウ、アルニカ、キュウリエキスなど
整肌成分がたくさん配合されています。

愛用者の70%以上が40代以上の女性で、
乾燥対策×年齢肌対策
一度にできる化粧水として支持を集めています。

エイジングケア、感想対策…と言われると
表面がニラ〜っとするくらいとろみのある化粧水かな
って思ったんですが、実際にはコクはありますが
思いの外、軽いローションです。
シャバシャバではないけどとろみ系でもない中間。

表面的に潤うタイプって、意外とインナードライに
なったりしますが、これはグングン浸透するので
たっぷり重ねづけしていくと中から潤うタイプ

最初はあまりのさっぱりした使用感に驚きましたが
使い続けていると徐々にお肌がふっくらしてきました。
スロースターターかもしれないけど、良いですよ!(笑)
さりげないローズの香りにも癒されます。

地方のブランドを活かした和コスメ、
これからも応援します!

【全成分】水、センチフォリアバラ花水、BG、グリセリン、PCA−Na、ヒアルロン酸Na、加水分解クロダイズエキス、クエン酸、加水分解ヒアルロン酸、クエン酸Na、ベタイン、ゲットウ葉エキス、アルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウニワトコエキス、ゼニアオイエキス、パリエタリアエキス、メチルパラベン、グリチルリチン酸2K、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル−10

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆ 
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply