FC2ブログ

Dolce & Gabbana Light Blue EAU DE TOILETTE

メグナム


自分の中でフレグランス熱が再燃しておりますが、
夏香水は本当に難しいです。

香水大好きなくせに、苦手な系統だと本当に頭痛がして
気持ち悪くなる人間なので、自分がつけるときも
この季節は特に、最新の注意を払います。

オーガニックデオかオーデコロンが無難ではありますが
オードトワレでも夏にいけそうなものがあれば
アレコレ試しています。

ということで、
ドルチェ&ガッバーナ ライトブルー オードトワレ
のミニチュアを試してみました。
dg.jpg
ブルーベル・ジャパン様に商品をいただき、モニターに参加しています

テーマは地中海とそこに降り注ぐ灼熱の太陽。

トップ:活気溢れるシチリア産シダーに、すがすがしく爽やかなアップル
    ブルーベルの無邪気な香りが溶け合い、南イタリアの夏を彷彿させます。

ミドル:バンブーの爽やかさに、贅沢なジャスミンと繊細なホワイトローズの
    どこまでもフェミニンなブーケが寄り添います。

ラスト:シトロンウッドの心地よい香りに、官能的なアンバーと
    愛撫を思わせるムスクが絡み合います。


詳しくはこちら

トップノートは柑橘っぽいフレッシュで高揚感のある香り。
そのあと、次第にほんのりフルーティーな甘さが出てくるのですが
りんごというよりピーチっぽく感じます。
ジャスミン、ホワイトローズなどのお花たちは
むせかえるような強い主張はなく、
さりげなくフルーツやムスクと溶け合って女性らしさをアピール。

私の肌では割と早めに甘さが出てきて、
夕方くらいにはほんのりホワイトムスクが残るくらい。
でもその儚さが夏の楽しい一日が終わった時の寂しさ(笑)
とマッチしてなかなか素敵な変化を楽しめました。

それなりに個性はあるんだけど嫌味もなく、癖もなく、
夏場でも全然行けちゃう、むしろ夏つけなくてどうする、という香り。

かといってリゾート向きの派手な香りでは全然なく
オフィスなどでも好感殿高そうな、洗練された香り。
はっきりとは存在を感じませんが、
シダーやバンブー、シトロンウッドあたりが
甘くなり過ぎないよう引き締めているのかも。

ユニセックスっぽい香りだし、付ける人を選ばないので
初心者さんにもオススメです。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply