FC2ブログ

コンシダーマル 肌成分×肌構造のWアプローチ

メグナム


スキンケア化粧品を買うときに何を見るかっていうと
私の場合は成分、何が入ってるのかな?というところで
初耳の成分が入っていたりすると気になるわけですが




だそうですよ。

肌内部の構造や、構成している成分を研究して
生まれたのがこちらのオールインワンローション。

肌成分×肌環境に着目したオールインワン化粧品
【Considermal(コンシダーマル)】


conside.jpg
しっとりタイプ

■肌構造
肌内部の角質層は水分油分が交互に重なり
規則正しく並んだラメラ構造になっており
その何層にも重なった水分と油分の層が
紫外線をはじめとした外部刺激から肌を守っているのですが
コンシダーマルはその構造を独自のラメラテクノロジーで再現。
一般的な化粧品よりも肌なじみが良く、
成分が肌内部まで素早く浸透し、肌本来の保湿力を強化します。

■肌成分
肌の潤いを保持するために機能する皮脂・NMF・細胞間脂質に注目。
本来肌を構成する肌形成成分を厳選して配合。
角質層のバランスを整え、はりつやのある肌に導きます。
img-about02.jpg

香料、鉱物油、着色料、パラベン、アルコールは無添加。

1本でブースター、化粧水、美容液、乳液、
クリーム、パックの6役
をこなします。

consi2.jpg

質感はトロッとはしていますが、ジェルではなく
美容液によくある質感。

肌にスッとなじみつつ、表面もしっとり。
ゲルにありがちな強いフタ感はなく、内側から潤う感じ。
結構スクワランが主張していて、ごわついた肌も柔らかくなるし
化粧水と美容液・乳液などのあとにスクワランなどの
バニシングオイルを塗布した時のような後肌
を1本でやってくれます。

セラミドアミノ酸など、
スカスカしぼみ肌を埋めてくれる成分
たっぷり配合されているので、
何日か使っていると徐々に肌がふっくらプニプニに。/strong>

ゲルではないのでメイクしたときにモロモロが出ないのがいい!
あとは持ち運びしやすいのでジム温泉に行くときも大活躍。

とにかく新感覚なのでゲルに飽きちゃったオールイン派は是非。
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆


【全成分】水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、1,2-ヘキサンジオール、ステアリン酸グリセリル(SE)、PPG-6デシルテトラデセス-30、セラミド3、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA-Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、水酸化K、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ステアリルアルコール、ベヘネス-30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、カルボマー、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply