FC2ブログ

肌のゆるみはケイ素の不足?

メグナム


赤ちゃんの肌にはたっぷり含まれているというケイ素。
肌の冷え(低温度)にアプローチし、めぐりを高め、
血色のいい肌に導く成分であり、
肌のコラーゲン・エラスチンなどの結合組織を強くし、
高密度なハリふっくら感を保つ働きがあります。

年齢とともにケイ素が失われることによって肌ゆるみを引き起こし
毛穴開きやエイジングの原因になるんだそうです。

青山ヒフ科クリニックの亀山孝一郎先生が開発した化粧品ドクターケイ
drkmilk.jpg
ケイパーフェクトモイスチャーミルク


そんなケイ素を高配合し
独自のカクテルビタミンやアミノ酸をブレンドした乳液です。

みずみずしくさっぱりとした使用感なのですが
しっかり潤ってお肌ふっくら。

ケイ素の血流アップ効果に加え
低分子ヒアルロン酸水分を、
大豆リン脂質脂質を、
ホホバ種子油により油分をすばやく与える
モイストヒーリング技術
心地よいしっとり感を瞬時に与えます。

そんな血流アップ成分とバランスのよい保湿成分の相乗効果で
夏のエアコン乾燥による疲れやくすみ、
冬の乾燥によるこわばりをケアし、いきいきとしたお肌に導きます。

こってりしていないので、朝もメイクを邪魔するどころか
水分油分のバランスが整って
夕方までメイクが崩れにくい。

正直、乳液ってオイルやクリームがあれば
なくてもいいって思いがちなんだけど、
あると肌が全然違う。

ケイ素に着目しているのも珍しいし、
どうせ使うんだったらこれくらい高機能な乳液が良いですね。

ドクターケイさんのスキンケアはどれも優秀で
ライン使いすればかなり効果を実感できると思うのですが
全部揃えるとなるとなかなかの出費。
何か1つ採り入れるとするなら、私はこれを選ぶかな。
なんか、強い個性とか急激な変化はなかったんだけど
使い続けていると地味に良いんですよね。

drkmilk2.jpg

さっぱりしていて軽い使用感ですが
使っているうちに肌に実が詰まってくるというか。
スカスカだった肌が充実してくる感じなんですよね~。
これがケイ素の力なのか。

また水分油分脂質のバランスが整うからか
化粧崩れも少ない気がします。

非常に良いです!



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆
【全成分】水、BG、グリセリン、ジグリセリン、トリエチルヘキサノイン、ベタイン、ホホバ種子油、ジメチコン、グリコシルトレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、ベヘニルアルコール、バチルス/(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液、シラントリオール、水添レシチン、ヒアルロン酸、加水分解水添デンプン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、リン酸アスコルビルMg、トコフェロール、ビオチン、グルコシルへスペリジン、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、パルミチン酸レチノール、コーン油、水添ナタネ油アルコール、水添ココグリセリル、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、PEG-60水添ヒマシ油、ベヘネス-20、カルボマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ソルビン酸、エタノール、ノバラ油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply