FC2ブログ

嫌いだけど好き クオニス 

メグナム


前回の記事で紹介した
クオニス ミルクジェルブライトセラム
と相性抜群なのが
クオニス プレミアムセルフィットクリーム
quaniscr.jpg
Quanis(クオニス)ファンサイト参加中

セラムもなかなかの個性はですが
クリームはもっとクセがあります。

ワセリンベースのかなり粘りの強いクリーム。
手で温めてから肌になじませていきます。

quaniscr2.jpg

はっきり言って、ニチャ~っとして好きではない質感。
ただ、この粘りがもたらすラップ効果がこのクリームの肝で
お手入れの最後にこのこってりクリームを塗ることで
翌朝にはまるでパックしたような充実肌に。

まるで形状記憶のように肌がピンと張って
日を追うごとにプリプリ感が増してきて、
このクリームの良さを認めざるを得ない。

一昔前にカタツムリクリームが流行った時は
この手のテクスチャーが流行りましたが、
最近だと「乳液?」と思うくらい柔らかで伸びの良いクリームが多いので
ちょっと異色の存在かもしれない。

ワセリンというと、石油を原料にしている成分ということで
私自身、あまり良いイメージはなかったのですが
最近の精製技術であれば肌への刺激はほぼ心配ない上、
お医者さんで出される軟膏なども
ワセリンがベースとなっていることを考えると、安全性や、
有効成分を長くとどまらせる基材として優れていることは間違いなさそう。

成分としてはセラムとの共通成分に
ヒアルロン酸ウコンエキスなどが加わり、
さらに件のラップ効果で、その前に行ったスキンケアの
美容成分もひっくるめてじっくりと浸透させ、
効果を高めてくれるような印象。

使用感は苦手ではありますが
肌の調子の良さがそれを軽々と超えてくるんですね~。
なので最終的にはすごくイイと言わざるを得ない。

抜群にみずみずしいセラムとの相性も最高。
セット遣いをオススメします。

画期的マイクロニードル!クオニス(Quanis)ダーマフィラー
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆
【全成分】水、ワセリン、グリセリン、オレイン酸ソルビタン、ミネラルオイル、(パルミチン酸/エチルヘキサン酸)デキストリン、オクテニルコハク酸デンプンAI、ベタイン、カルナウバロウ、ヒアルロン酸Na、水添レシチン、酢酸トコフェロール、BG、グリチルリチン酸2K、加水分解シルク、スフィンゴモナスエキス、プロリン、クララ根エキス、ウコン根茎エキス、パルミトイルトリペプチド-5、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply