FC2ブログ

第三のエイジングケア成分 ALAはミトコンドリアに働きかける!

メグナム

サプリメントってお薬並みにどんどん進化していくので
新しい成分だとか理論だとか、独自技術を使ったものが出てくると
どうしても使ってみたくなりますよね。

実際手ごたえがなければ飲む気もおきないんですが
やっぱり中からのケアは影響が大きいですし。

生まれ持ったものも当然あるけど、
私たちってやっぱり食べたものや飲んだものでできてるんだなぁと
改めて思います。

今回、試した新成分は、ALA
5-アミノレブリン酸リン酸塩というアミノ酸の一種。

●【ALA(アラ)配合】PRISTY-プリスティ-をチェック!●

ALAは、植物が光合成するのに必要な葉緑素のエネルギー生産を支え
生命活動を活性化させることが分かっており、
ALAを植物に与えると、収穫量が増えたり
花付きが良くなったりするという研究結果が出ているそうです。

ALAは植物だけでなく、人間の体内にも存在しており
研究によると、17歳をピークに加齢やストレスで減少するとか。
人間のスキンケア、ヘルスケア分野でも
応用研究が行われている注目の成分です。

ALA配合 PRISTY(プリスティ)
pristy.jpg
健康コーポレーションファンサイト参加中

当然、食物から摂れるのであればその方が良いに決まっていますが、
15mgのALAを摂取するには、赤ワインなら6本、黒酢5.4kg、
トマト87kg、ほうれんそう62kg、バナナ27kgが必要であり
現実的に不可能と考えられます。

プリスティは発酵技術による大量生産を可能にし
3粒でこの15mgを摂取できてしまいます。

ALAと相性が良く、女性に不足しがちなも配合。

ala2.jpg
匂いも味もない小粒の錠剤でとっても飲みやすい!

摂取した栄養をエネルギーに変える
ミトコンドリアの機能をアップしてくれるので
要は代謝が上がり、
疲労も脂肪もためこみにくい身体になるということです。

また、ALA肌細胞においてもミトコンドリアの代謝に使われ、
細胞を活性化すると同時に、代謝の結果生まれる代謝水が
細胞を潤いで満たします。

慢性疲労の解消と同時に美肌まで叶えてくれるなんて、
まさにアラフォーのくたびれ感を撃退するためのサプリ
といっても過言ではない。

何を隠そう、私本日で7連勤なのですが、
奇跡的にそれほどつらくない。

キックボクシングのトレーニングがいつもよりキツかったけど
筋肉痛にこそなれ、翌日の倦怠感がない。

そして何より肌弾力。
肌のすべすべ感、ふっくら感というのはわりとどのサプリメントでも
ある程度は実感できますが、
プリッとした弾力感ってなかなかお目にかかれないんですよ。

細胞の活性化とはよく聞くけど、
ALAがミトコンドリアの餌になって
代謝が活発になるというのはすごくわかりやすい理論で
美容にも健康にも効果が期待できるというのは
お疲れ世代には嬉しいです。

美肌に磨きをかけたい若い子よりも、
同じ世代の人々と良さを分かち合いたい、そんなサプリメントです(笑)

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply