FC2ブログ

ロイヒつぼ膏TMクール 貼ってみた

メグナム

社会人になってから悩まされているのが
背中の痛み(主に背骨のきわ、肩甲骨回り)。

仕事が休みだとほとんど気にならないので
おそらく同じ姿勢を続けてることによるものだと思われます。
今はだいぶ良い状態を保てていますが、
運動や接骨院でのメンテナンスは欠かせません。
そして、ここに至るまで私はありとあらゆる健康グッズを試してきました。
中山式快癒器にコアヌードルにカッピング、円皮鍼などなど…。

そんな私がお世話になったアイテムの1つがロイヒつぼ膏です。
丸形のはり薬は小さいのになかなかパワフルに効く頼もしい存在でした。

筋繊維が固まって策状結節というゴリゴリしたものが
背中にいくつもあり、同じ姿勢が続いて疲れてくると、
それにギューッと引っ張られるような何とも言えない痛みが出て、
ツライのなんの。

残業で疲れて帰ってきた時にはそのゴリゴリがあるところ、
いわゆるトリガーポイントというんでしょうか。
そこにロイヒつぼ膏を貼りまくって就寝していました。
私がかつて使っていたのは温感タイプで、
背中がカーッと熱くなって痛みが気にならなくなり、
やけにぐっすり眠れるんですよね~。

熱くなるのに痒くないし、いやなヒリヒリではないんですが、
ほかのシップよりパワフルな感じがして好きでしたね~。
メーカーさんの「辛口な刺激」という表現がまさにぴったり。

そんなロイヒつぼ膏に冷感タイプが出たと聞き、
懐かしさも相まってモニターに応募しました。

roihi.jpg
ニチバン株式会社様に商品をいただきました

有効成分のサリチル酸メチル、ℓ-メントールなどの
鎮痛消炎成分が肩こり・腰・関節・筋肉のつらい痛みに
スーッと効く冷感タイプ。

背中に貼ってみると…確かにあのカーッとくる感じはないけど、
スカッと感がやはり強力(笑)
ピンポイントだからそう感じるのかなぁ。

絆創膏でおなじみのニチバンさんの商品だけあり、
フィット感が抜群ではがれにくいので、
就寝中にシーツやパジャマについてしまうこともありません。
コリのポイントに貼ったところで、
策状結節がなくなるってことはありませんが、
貼っているうちに痛みを忘れる、という事なんだと思います。

roihi2.jpg
公式サイトはこちら

そもそも私のコリに関しては、結構根深くて
ずっと存在してるんだけど、血行が悪くなったりしたときに
痛みが出るというタイプのものなので、
治療をしても簡単にはなくなりません。
ただ、痛い時は本当につらいので、忘れさせてくれるだけで十分。

夏にはクールタイプの方が明らかに心地よいですし、
足にこれを貼って寝ると超気持ちいいことに気づきました。

昔冷湿布を足裏に貼るダイエットが流行りましたが、
痩せるかどうかは別として、「足の疲れが取れる」とか
「よく眠れる」とかはある気がします。

なので、今回も足裏の湧泉のつぼとひざ裏の委中に
ロイヒつぼ膏に貼って寝たら翌朝足が軽いような。

roihi4.jpg

足裏マッサージにいくと終わった後、着地すると
足のむくみが取れてなんか薄くなった!!
と感じることがありますが、結構それに近い感覚を味わえます。
そういうわけでツボ刺激にもオススメかもしれない。

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ人気ブログランキングへ
☆応援よろしくお願いいたします☆
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply