FC2ブログ

ひまし油という万能オイル

メグナム

手にシミが出来ているのを発見し、
これ、なんとかならないかなぁ…
とググっていたら、カソーダなるものを発見し。

エドガー・ケイシー療法のひとつみたいで、これを塗ると
シミがかさぶたのようになって剥がれるケースがあるとか。

エドガー・ケイシーの民間療法はひまし油湿布などでその筋には有名で
私も父がガンにかかってしまった時に、健康法を色々調べるうちに
(どうしてもやってしまいますよね…?)
その存在を知りました。実践はしませんでしたが…

カソーダはひまし油と重曹を混ぜたもので、
材料さえあれば自分でも作れそうなものですが
エドガー・ケイシーの原理に基づいた商品をリリースしている
ヘリテイジストアで既製品も出ているので、早速iHerbでゲット。
600円くらいでしたかね。
ついでにひまし油も買ってみました。

heritage.jpg

で、カソーダはまだ実験中なので置いておくとして
ひまし油を色々と試しているんですが、
レビューを読んでいて一番気になったのが点眼…ドライアイに良いとか
え…ヤバない? 油詰まっちゃわない?と思ったのですが
でも、アーユルヴェーダではギーを目に入れたりするしなぁ…
とか思って、一か八かやってみました。もちろん自己責任で。

そしたら、なんか良いみたいで(笑)
ハードコンタクトにして1年、いまだに激しい異物感が消えないのですが
これを夜寝る前に点眼してるとなかなか快適なんですよね~。
「白目がきれいになった」とも書いてありましたが、
まぁ、言われてみればそんな気がしなくもなくて。

castereye.jpg

こんな感じの小瓶がちょうどあったので、
スポイトでごく少量を目に入れちゃってます。
私、非常にものもらいができやすいタイプなので、
かなり慎重にはなっていたのですが、今のところ調子が良いので
数日おきに続けています。

活用法がありすぎて逆に胡散臭さ満載のひまし油なんですけど、
構成脂肪酸の90%を占めているというリシノール酸なる成分に
抗炎症鎮痛のはたらきがあり、古くは薬として用いられていたのだとか。

なので少し筋肉を傷めているところに毎日塗り込んでみたり
お腹や腰のマッサージをしてみたり。
手に残ったものを顔につけてみたり。ゆるくやっております。

かなり粘度の高い油なので、手で良く暖めてプレスしながら
刷り込んでいく感じですが、不思議といつまでもべたべたしないで
スッと吸収されてしまうんですよね。これが不思議。
スクワランのようなサラサラのオイルならわかるんですけど…。

もともとオイルは大好きなので、いろんなことにどんどん使いたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



Posted byメグナム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply