FC2ブログ

DREXEL リフトマキシマイザー

2021年06月24日
美顔器、たるみ対策 0
DREXEL リフトマキシマイザー
drexel.jpg

これは肌をならすメイク下地的なバームなのか? それともスキンケアアイテムなのか?

ミツロウ、キャンデリラロウ、カルナウバロウなどの天然原料を使用したバームには、グロースファクターをたっぷり含んだヒト幹細胞培養液、それぞれ3種のセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合し、シリコンがっつりで「メイクしてる間は持ち上げますよ」というよりは、どちらかというと後者のスキンケア性が高いアイテムなのではないかと思います。

drexel2.jpg

ただ、バームには熱で溶けて、乾くと固まる性質がありますので、スティックバームで肌の溝を伸ばしながらシワの奥まで美容成分を届け、バームが乾く際にお肌を引っ張り上げるような効果があるので、結果的には肌の凹凸をならし、メイクアップ効果も期待できるような形になっています。

使用方法は化粧水と美容液をつけたあと、ある程度乾いたら、気になる部分を伸ばすように直接スティックバームで持ち上げながら3~5回塗り込みます。乳液やクリームなど油ものはこちら乾いた後に使用。

drexel3.jpg

この乾いたら、が少しだけ面倒くさいw でもバームが乾くことでお肌がピンと張るということを考えると致し方なしですね。

朝晩使用することで

・日中のシワ癖をつけない
・寝ている間もシワが伸びた状態で形状記憶


という予防効果を発揮します。

ちなみに50代の方が使用した様子の公式動画がこれなんですが



私、ちりめんシワみたいなのはほとんどなくて、全体的なハリ低下によるたるみが悩みなので、正直ここまで顕著には変わらないんですけど、触ってみると表面がピンと張っている感覚は分かります。たるみ毛穴もかなり目立たなくなる。ただ、お肉をグイッと引っ張り上げるほどの強力なホールド力はないかな。

ただ、たるんでゆるみが出ている部分に朝晩塗り塗りすることで、シワになってしまうのを防ぐ働きはかなり期待できると気がします。あとは出来てしまった表情ジワも、引っ張って溝の奥まで美容成分を届けることで、浅くすることは可能かもしれない。

よく美容家の方が手アイロンをやるようにって言うじゃないですか。やっぱりただ美容液を塗るだけじゃななくて、伸ばしてあげる、持ち上げてあげるってすごく大事なんだなって思います。もちろんお顔の皮膚はティッシュ1枚なんて言われるくらいデリケートなので、ぐいぐい引っ張りすぎないよう、手の甲などでバームを温めてから使った方が良さそうです。

個人的にはミツロウととても相性が良いので、天然の成分でここまで凹凸補正ができるのか~っていうのは嬉しい発見でした。
これは使うのをやめたときに違いがわかるタイプのアイテムじゃないかな…無いと生きられなくなりそうで怖いです…w
関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

メグナム
この記事を書いた人: メグナム
FC2ブログへようこそ!
アンチエイジングに命を懸けます。たるみ恐怖症でゴルゴ線と闘っております。自然派コスメと、フレグランス、アロマテラピーが大好きです。

肌質:普通肌 シワはあまりないが、たるみ、シミが気になる

髪質:細く柔らかい猫っ毛。うねるようなクセあり。ノンパーマ ダークカラーで髪色戻し中

コメント0件

コメントはまだありません